東京農業大学

Web情報検索
文字の大きさ特<-大->戻
→植物バイテク研究室
→作物生産管理学研究室
→動物バイテク研究室
→動物生産管理学研究室
→生態系保全学研究室
網走市内 学びのマップ
北海道内 学びのマップ
大学内 学びの施設
オホーツク生活情報
OBの皆さんへ
進路情報
生物生産学科TOP

作物生産管理学研究室
安心・安全な食糧を供給できる作物生産管理法の探求

私たちの研究フィールドは、日本の食料生産拠点である北海道オホーツク圏の畑作物生産圃場です。
人類の食料・エネルギー源となる作物生産の諸課題について、基礎レベルから応用レベルまで、作物学・土壌学・植物病理学等の関連学問領域を統合した研究を行い、総合的に解明することを目的に、研究活動を行っています。
私たちの研究室から、安心・安全な食糧を全世界に供給できる、総合的な作物管理体系を構築・管理することのできる人材を送り出していきたいと思います。

 
土壌調査の様子
土壌調査の様子
病原菌の観察
病原菌の観察
貫入抵抗器による土壌硬度調査
貫入抵抗器による土壌硬度調査
 
吉田穂積 教授
吉田 穂積/教授
伊藤博武 准教授
伊藤 博武/教授
中丸康夫 講師
中丸 康夫/准教授
笠島真也 助教
笠島 真也/助教

作物生産管理学研究室ブログ

 所属教員と研究テーマ

吉田 穂積 教授

【専門分野】

植物病理学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

ジャガイモそうか病に関する研究

ジャガイモそうか病はジャガイモ塊茎表面にあざ状の病斑を形成し、商品価値を著しく低下させるジャガイモの病害である。本病は、日本のみならず、世界的に発生しその防除法が難しいとされている。そこで、我々は、ジャガイモそうか病の発生生態や発病機構の解明等の基礎的研究から農薬に依存しない有効な防除法の開発までの応用的研究を幅広く行っている。現在は、以下のようなテーマで研究を行っている。

  1. ジャガイモ生産地域に存在するジャガイモそうか病菌の分離と簡易同定ついての研究
  2. 潅漑によるジャガイモそうか病防除に関する研究
  3. 施肥と微生物資材の組み合わせによるジャガイモそうか病防除法に関する研究
  4. ばれいしょ苗移植によるジャガイそうか病防除に関する研究

 

伊藤 博武 教授

【専門分野】

作物生産学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

寒冷地における畑作物の収量性に関する研究

網走地域は、テンサイ・バレイショ・ムギ類を主体とする大規模機械化畑作農業に成功している。しかし近年、これらの作物は単位面積当りの収量(以下、単収と略記)の伸びが停滞している。また、地域間の単収に大きな格差も生じている。世界に目を向ければ、同様の問題が地球規模で起こっている。この原因を究明し、生産を発展させて食糧自給率の向上と環境保全・修復に努めなければならない。こうしたことから、我々はJAオホーツク網走と生産者の協力を得て、網走市における農業生産力に関する総合研究を開始した。これまでに、単収は約20年前から停滞しており、収量格差は安定多収の南部地域と不安定低収の西部地域に大きく分けられることが明らかとなった。また、テンサイと秋播きコムギの根系は土壌物理性(土壌硬度や排水性など)の特徴ごとに一定の傾向を示していて3形態に大別され、東部地域の多収安定は心土層への根系の旺盛な生長によることが明らかとなってきた。以上のような結果から、本研究には世界的な食糧生産の停滞を打破するヒントが内包されているだけでなく、現実の生産現場を対象とした新たなフィールド研究方法を構築するための多くの素材が内包されていると考えている。この目標を達成するために、以下の研究を行っている。

  1. 根系分布からみた秋播きコムギの収量性に関する研究
  2. 秋播きコムギの高品質・安定多収栽培技術の開発に関する研究
    ・ 子実タンパク質含有率の予測法の確立について
    ・ 後期窒素追肥が子実タンパク質含有率と収量に及ぼす影響について
  3. 心土破砕による土壌改良が畑作物の生育・収量に及ぼす影響について

 

中丸 康夫 准教授

【専門分野】

土壌肥料学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

  1. 土壌中における物質移動のダイナミクスと作物の生産性
    オホーツク網走地域の農業における、1)作物生産性の向上と、2)農業由来の環境負荷の軽減に関して、土壌の物理・化学的性質による影響を検討している。同地域には、火山灰土壌が広く分布し、火山放出物(火砕流堆積物)が土壌の成分として重要な働きをしていることが、過去の研究により示された。火砕流堆積物の存在は、作物根の発達や、土壌の物理・化学的性質に大きな影響を与えることから、土壌中における植物養分の移動にも深く関与すると見られる。今後は、植物根による養分の吸収や、肥料成分の溶脱による地下水汚染などの、土壌中の物質移動プロセスを解明していく。
  2. 土壌中微量元素の化学的挙動と植物への移行
    植物の多量養分元素である窒素、リン酸のように、環境中に多く存在し、直接的に農業生産力に関与する元素については、過去に多くの研究がなされているが、量的に微量・超微量の元素については、定量分析が困難なこともあり、研究が進んでいない。そうした元素の中には、量的に微量であっても、生体内で重要な働きをする物もある。例えばセレン(Se)は動植物に有害な元素であるが、一方で、動物の微量必須元素でもあり、適量であれば人や動物の健康に寄与する成分でもある。日本の土壌ではSeの可給性が低く、農産物中の濃度は高くないが、一部のマメ類はSe を集積する性質があることが知られている。そこで、現在、マメ科植物の性質を利用することにより、Se含量の高い機能性農産物を作ることを検討している。また、網走周辺の農地における、作物の微量要素欠乏の発生メカニズムの解明にも取り組んでいる。

笠島 真也 助教

【専門分野】

作物学、植物生理生態学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

  1. 普通ソバの収量性向上に関する生理生態学的解析
    普通ソバの低収要因のひとつである受精率に着目し、安定多収に向けた栽培技術の開発を目指す。
  2. 有用資源作物の遺伝資源評価
    雑穀類やアズキなど高い栄養価・機能性をもつ有用資源作物の遺伝資源評価を進め、寒冷地畑作物育種における育種目標を設定する。

 

 卒業研究のテーマ
  • 網走における土壌の深さ別微量元素分布についての研究
  • UFホルムアルデヒド肥料とTrichoderma asperellum F-288菌併用によるジャガイモそうか病防除に関する研究
  • 乾物生産特性に着目した早生アズキの粒数・粒重の品種間差異
  • 網走市音根内地域での少量多回追肥法による秋播き小麦品種「きたほなみ」への増収効果について

 

NEWS → 2009年7月よりニュースはブログへ移行しました。
バックナンバー ◆2009年度 ◆2008年度 ◆2007年度 ◆2006年度 ◆2005年度

 

PAGE TOPへ

 

|生物産業学部トップ | 生物生産学科 |食品科学科 |産業経営学科 |アクアバイオ学科 |

COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.