東京農業大学

Web情報検索
文字の大きさ特<-大->戻
→植物バイテク研究室
→作物生産管理学研究室
→動物バイテク研究室
→動物生産管理学研究室
→生態系保全学研究室
網走市内 学びのマップ
北海道内 学びのマップ
大学内 学びの施設
オホーツク生活情報
OBの皆さんへ
進路情報
生物生産学科TOP

植物バイテク研究室
オホーツクの植物の生命科学と植物バイテクの活用

植物の分子生理学的研究をベースに、バイオテクノロジーを駆使した有用植物資源の作出を目指し、暑さ・乾燥・塩集積などといった環境ストレスに対応する植物のメカニズムの解明や、地球温暖化に対処するための研究を行っています。
また、植物の生産する有用タンパク質「レクチン」に注目し、北海道の薬用植物からの新しいレクチンの探索や、遺伝子工学を用いた機能改変を試みています。
有用タンパク質の生産系としての植物の活用や、北海道の植物の分子遺伝学的研究にも取り組んでいきます。

 
海水湖沿岸に自生するアッケシソウ
海水湖沿岸に自生するアッケシソウ
形質転換植物の作出作業
形質転換植物の作出作業
ミズバショウの調査
ミズバショウの調査
 
小栗秀 教授
小栗 秀/教授
坂本 光 助教
坂本 光/准教授

植物バイテク研究室ブログ

 所属教員と研究テーマ

小栗 秀 教授

【専門分野】

動・植物の糖鎖生物学,分子生物学,タンパク質化学,細胞生物学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

  1. 植物レクチンの生体内機能を調べる
    糖鎖結合タンパク質・レクチン(Lectin)は,様々な生物で重要な役割を担う分子だが、植物レクチンの機能には不明な点が多い。レクチンの内在性糖鎖リガンドの探索とその構造解析,レクチンの植物内分布,レクチン遺伝子のクローニングなどから,その機能を解明する。
  2. 新規植物レクチンの探索と利用
    レクチンはまた,生体内糖鎖の検出やターゲッティングなど様々に利用されている有用タンパク質でもある。北海道に自生する植物や民間薬用植物からレクチンのスクリーニングを行っている。
  3. 植物の糖鎖生合成に関する研究
    植物の体は,糖でできている。植物が生長する間に,糖鎖がどのように変化していくのか。植物の器官の発達と糖鎖の変化を調べている。
  4. 動物の糖転移酵素の研究
    糖鎖から生物を調べるのが糖鎖生物学。動物の糖鎖生合成の研究も重要な研究テーマである。

 

坂本 光 准教授

【専門分野】

植物生理学、植物分子生物学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

  1. アセチルコリンを介した環境応答機構
    植物に刺激を与えた場合,アセチルコリンがそれらの刺激を細胞から細胞,器官から器官へと伝達する。また,アセチルコリンは環境ストレス下では,刺激反応部位でイオンチャネルを開閉させて物質の輸送を促進し,傷害回復を迅速に行う役割をする。アセチルコリンを介した環境応答機構を分子レベルで解明する。
  2. 膜貫通型アンキリンリピートタンパク質ITN1を介した塩ストレス応答機構
    膜貫通型アンキリンリピートタンパク質をコードする遺伝子は植物において大きな遺伝子ファミリーを形成するが、個々のメンバーの生理的機能については未知な部分が多い。近年、このファミリーに属するシロイヌナズナITN1が植物の塩ストレス応答に関与することを報告した。塩ストレス応答におけるITN1の分子的機能を解明するとともに、他の膜貫通型アンキリンリピートタンパク質の生理的機能について調べる。
  3. アッケシソウの耐塩性機構
    塩生植物アッケシソウは高等植物の中でも最も高いレベルの耐塩性を持つ。アッケシソウの耐塩性を担う生理代謝およびその制御機構を遺伝子レベルで解明する。

 

 卒業研究のテーマ
  • 塩生植物アッケシソウの耐塩性メカニズム
  • 植物アセチルコリン系の生理的機能
  • トマトとジャガイモの生体防御におけるレクチンの役割解明に関する研究
  • 植物糖鎖と植物の形態形成に関する研究

 

NEWS → 2009年7月よりニュースはブログへ移行しました。
バックナンバー ◆2008年度 ◆2007年度 ◆2006年度 ◆2005年度

 

PAGE TOPへ

 

|生物産業学部トップ | 生物生産学科 |食品科学科 |産業経営学科 |アクアバイオ学科 |

COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.