東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

「農」の進化に、挑み続ける

"生きる"を支える

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

生物産業学研究科

大学院指導(准)教授のメールアドレスは、出願にあたってに掲載されています。また、各研究科、各専攻の教育研究上の目的、教育目標および3方針については、こちらをご覧ください。

生物産業学研究科

Graduate School of Bioindustry

 生物産業は野生動・植物の生態系の保全や人類に有用な生物資源の生産・開発に関わる産業だけでなく、食品加工製造・流通・経営・情報通信などを含む幅広い産業である。
 本研究科は、これらにかかわる産業界で活躍が出来るように、生物産業学に関連する幅広い学問領域の知識を備えるため、理系と文系の学問分野を相互に補完させた文理融合の教育体系に基づき、生物産業学が包括する領域の学術分野の理論と応用に関わる研究・教育を行っている。
 博士前期課程には「生物生産学」「アクアバイオ学」「食品香粧学」「産業経営学」の4専攻、博士後期課程に「生物産業学専攻」を配置し、高度な専門知識および創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者、技術者、経営者の育成を目指している。また、生物産業学の研究・教育を行うことによって、生物産業学の発展に寄与し、地域社会のみならず国際社会にも貢献する個性豊かな人材を養成している。
 本大学院は、広大な北海道のなかでも特に雄大な自然のオホーツクにあり、「北の大地・オホーツクでの感動、体験、学究」をモットーとして、新しい学問である「生物産業学」を実践している。

専攻・課程・定員 キャンパス
生物生産学専攻 博士前期課程 7 北海道オホーツクキャンパス
アクアバイオ学専攻 博士前期課程 5
食品香粧学専攻 博士前期課程 5
産業経営学専攻 博士前期課程 3
生物産業学専攻 博士後期課程 8

ページの先頭へ