東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

ロシア連邦 極東連邦大学(FEFU)の教員が本学を訪問されました

2017年12月21日

国際交流・留学

今年8月に連携協定を締結したロシア連邦 極東連邦大学(FEFU)のバイオメディスン学部食品科学技術学科から、学科長のDr. Yury V. Prikhodko教授、Dr. Vladimir A. Lyakh准教授、Dr. Vasiliy Yu. Tsygankov准教授の3名が来校しました。

一行は、まず12月14日に世田谷キャンパスを訪問し、大澤理事長及び高野学長を表敬訪問、坂田国際協力センター長、山本総合研究所長及び生物応用化学科、食品安全健康学科、国際農業開発学科の教員と今後の研究・教育での連携についてのディスカッションを行い、生態環境解析学研究室及び食品加工技術センター等の視察を行いました。

翌15日は厚木キャンパスを訪問し、小川農学部長、国際協力センター佐々木副センター長と面談、その後キャンパス見学を行い、植物園など研究施設と伊勢原農場を視察しました。

18~19日はオホーツクキャンパスを訪問し、渡部副学長及び黒瀧学部長を表敬訪問、生物生産学科、アクアバイオ学科、食品香粧学科、地域産業経営学科の教員とのディスカッション、食品加工技術センター、オホーツク臨海研究センター、エミュー牧場の視察等を行いました。なお、網走滞在中に開催された歓迎レセプションには、水谷網走市長を始め、網走商工会議所、地元企業など地域の方々そしてオホーツクキャンパスの学生も参加され厚い歓迎を受けました。

news_img_171221_01.jpg

大澤理事長の表敬訪問

news_img_171221_02.jpg

高野学長の表敬訪問

news_img_171221_03.jpg

教員とのディスカッション(世田谷キャンパス)

news_img_171221_04.jpg

施設見学(厚木キャンパス)

news_img_171221_05.jpg

渡部副学長の表敬訪問(オホーツクキャンパス)

news_img_171221_06.jpg

食品加工技術センターの視察(オホーツクキャンパス)

ページの先頭へ