東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

3月22日(水)沙漠緑化研究部会「沙漠工学応用の最前線」講演会 開催

2017年3月17日

教育・学術

沙漠緑化研究部会では、沙漠緑化技術を応用した事例の最前線をテーマに、下記の通り講演会を開催いたします。舞台は、モンゴル、エチオピア、日本です。演者の方々の現場でのご経験談を、ぜひ堪能して頂ければと思います。総合研究会会員のみならず、多くの皆様方のご参加をお待ちしております。奮ってご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

東京農業大学総合研究所研究会 沙漠緑化研究部会 部会長 豊田 裕道

テーマ: 『沙漠工学応用の最前線』
日時:平成29年3月22日(水)14時から17時
場所:東京農業大学世田谷キャンパス1号館313教室
共催:日本沙漠学会沙漠工学分科会

講演タイトルおよび演者:
「モンゴル苗木生産センターにおける活動の紹介」
 NPO法人エコアライアンス21 花田重義氏
「アグロフォレストリーによる砂漠化防止対策」
 国際農林業協同協会 松原英治氏
「リーダーの意思決定に着目した震災復興プロセスの評価」
 佐藤工業株式会社 稲田幸三氏
総合討論

参加費:無料
問い合わせ先:
東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科
沙漠緑化研究部会 幹事 鈴木伸治
E-mail:s4suzuki@nodai.ac.jp

詳細は添付ファイルをご参照ください。

添付ファイル

ページの先頭へ