東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

3月22日(木)総合研究所研究会 沙漠緑化研究部会 講演会『植物の根源に迫る』 開催

2018年3月14日

教育・学術

近年、植物の生理活性について、遺伝子レベルでの研究やその応用に関する研究が進み、これらの知見が乾燥地での植物の耐乾性の付与や、医療や健康に生かされるなどしています。そこで沙漠緑化研究部会では、「植物の根源に迫る」をテーマに、報告会を開催いたします。多くの皆様方のご参加をお待ちしております。奮ってご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。なおこの度の講演会は、日本沙漠学会の沙漠工学分科会と共催で行います。

沙漠緑化研究部会長 豊田 裕道

日 時:平成30年3月22日(木)14:30から
場 所:東京農業大学 世田谷キャンパス 1号館 313教室
共 催:日本沙漠学会沙漠工学分科会
テーマ:『植物の根源に迫る』

<講演プログラム>
14:30~14:40 開会
14:40~15:20 「植物の環境適応の過程で“水を取るか、病害菌から身を守るか”決め手となった仕組みを解明」
東京農業大学 応用生物科学部バイオサイエンス学科 教授 太治輝昭 氏

15:20~16:00 「生命の根源物質 5-アミノレブリン酸の多彩な応用」
SBIファーマ株式会社 研究開発本部研究開発部 高橋 究 氏

16:00~16:30 総合討論
16:30~16:40 閉会

参加費:無料
講演会終了後に懇親会を予定しています(こちらは参加費3,000円程度)

<問い合わせ先>
東京農業大学 地域環境科学部生産環境工学科
分科会 幹事 鈴木伸治 E-mail:s4suzuki@nodai.ac.jp
TEL:03-5477-2351 FAX:03-5477-2620

ページの先頭へ