東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

東京農業大学、鹿児島県南大隅町との包括連携協定締結

2017年1月23日

教育・学術

 東京農業大学(東京都世田谷区桜1-1-1、学長:高野克己)は、鹿児島県南大隅町(鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北226番地、町長:森田俊彦)と包括連携協定を締結しました。

 本協定の活動内容は、(1)まちづくり及び人づくりに関すること(2)自然・環境・産業及び地域振興に関すること(3)教育及び伝統文化の発展に関すること(4)学生の研修に関することを主な柱としています。

 本学は、平成8年度以降継続的に農業実習の場として、花卉、施設園芸、露地野菜、お茶、稲作、タバコ、畜産等、南大隅町内の農家での農業実習をおこなってきました。また、現地での交流会やゼミ合宿やファームステイ、フィールド研修など更なる連携活動を実施していく予定でおります。これからも、相互の連携により更なる地域活性化、地域貢献に努めていきます。

 協定締結式は1月18日(水)、本学の世田谷キャンパス内(アカデミアセンター)で行われ、鹿児島県南大隅町からは森田俊彦町長、相羽総務課長らが、東京農業大学からは高野克己学長、渡部副学長らが出席して協定書の締結を取り交わしました。

ページの先頭へ