東京農業大学、ニューノーマル社会への対応として、新たな産官学・地域連携の形を提案する「産官学・地域連携HUB構想」シンポジウムを12月16日に開催

2020/12/08

東京農業大学(所在地:東京都世田谷区、学長:睫邱邯福砲呂海譴泙任盪佐嘘悄γ楼莽携を推進してきましたが、更なる進化を目指して新たな仕組みの次のステージとして、東京農業大学と連携先組織(自治体・企業・団体など)との1対1の連携から、東京農業大学がハブとなって連携先組織をつなぎ、イノベーションを創出していく「産官学・地域連携HUB構想」の実現を目指します。
この構想のキックオフとして、12月16日(水)にシンポジウムを開催いたします。

※詳細は添付ファイルをご参照ください。

添付ファイル