森の掃除屋さん 〜シカの死体に群がる動物たち〜

2020/03/11

 国立大学法人東京農工大学大学院農学府自然環境保全学専攻の稲垣亜季乃大学院生(修士課程、当時)、農学研究院自然環境保全学部門の小池伸介准教授、イリノイ大学Maximilian L Allen 准教授、東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科の山晃司教授らの国際共同研究チームは、ニホンジカ(以下、シカ)の死体は、様々な種類の脊椎動物によって食べられることで消失していくことを明らかにしました。この結果から、日本の森林において、タヌキやツキノワグマ(以下、クマ)などは死体を分解する、という重要な役割を担っているという新しい知見が得られました。

※詳細は添付ファイルをご確認ください。

添付ファイル