生物多様性保全と温暖化対策は両立できる −生物多様性の損失は気候安定化の努力で抑えられる−

2019/12/03

国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所、立命館大学、京都大学、国立研究開発法人国立環境研究所、東京農業大学は共同で、パリ協定が目指す長期気候目標(2℃目標)達成のための温暖化対策が、森林生態系を含む世界の生物多様性に与える影響を評価しました。その結果、2℃目標の達成により、生物多様性の損失が抑えられることが予測されました。

詳細は添付ファイルをご参照ください。

添付ファイル