トンボ由来の紫外線反射物質を同定 ートンボが分泌するワックスの主成分を化学合成し強い紫外線反射能と撥水性を実現―

2019/01/18

 東京農業大学(学長:睫邱邯福棒弧寝奮愽矢嶋俊介教授、生物資源ゲノム解析センター川原(三木)玲香博士研究員らは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(理事長:中鉢良治)、国立大学法人浜松医科大学(学長:今野弘之)、国立大学法人名古屋工業大学(鵜飼裕之)との共同研究においてトンボ由来の紫外線反射物質を同定した。
 日本全国に広く生息するシオカラトンボは、オスが成熟過程で紫外線を反射するワックスを分泌する。今回、その紫外線反射ワックスが、従来知られていた他の生物のワックスと異なり、極長鎖メチルケトンと極長鎖アルデヒドが主成分であることが分かった。さらに、極長鎖メチルケトンを化学合成して結晶化させたところ、強い紫外線反射能と撥水性が再現された。

詳細は添付ファイルからご確認ください。

添付ファイル