東京農大総合研究所きのこ研究部会 動向調査シンポジウムを11月27日に開催

2018/11/21

東京農業大学(所在地:東京都世田谷区桜丘1-1-1,学長:睫 克己)総合研究所研究会きのこ研究部会は,2018 年11 月27 日に「きのこの研究と生産のいまを探る」動向調査シンポジウムを開催いたします。
きのこは、採取と生産だけでなく、酵素の利用、機能性食品、さらには医薬品原材料としても活用されています。きのこ研究部会は、消費者、生産者、研究・技術者などが密接に連携し、「きのこを知ろう!きのこに学ぼう!きのこと暮らそう!」をスローガンにきのこに親しんでいただく会として発足し、活動を続けています。
この度のシンポジウムでは、学術研究から、生産技術、販売戦略、GAP認証、ブランド化、機能性、料理レシピまで、あらゆる観点からきのこについての動向を調査し、共有します。

詳細は添付ファイルをご確認ください。

添付ファイル