熱帯林は低標高地が広がる国で破壊されやすいが、回復もしやすい - 東南アジアにおける熱帯林増減の要因を解明 -

2018/05/31

 東京農業大学(学長:高野克己)森林総合科学科 今井伸夫准教授、国立研究開発法人森林研究・整備機構(理事長:沢田治雄)森林総合研究所 生物多様性研究拠点 古川拓哉主任研究員らのグループは、東南アジアを対象に、熱帯林面積が減り続けている国と増加に転じている国の社会・経済・環境要因の違いを網羅的に調べました。その結果、森林面積が増加に転じている国々は共通して低標高地(森林の生産性とアクセス性が良い土地)が広がり、そのためにかつて激しい森林減少に見舞われ、森林が「希少化」し、その価値が上昇したために他国に先んじて森林面積が増加に転じていることを明らかにしました。この研究成果は、学術誌 PLOS ONEに掲載されました。

詳細は添付ファイルをご参照ください。

添付ファイル