東京農大農学部 シンポジウムを開催 「躍動する農学 〜農のこころで社会をデザインする〜」

2017/10/13

 東京農業大学農学部(学部長:小川 博)は,平成30年4月の学部改組に向け,「躍動する農学」をテーマにシンポジウムを開催します。
 本シンポジウムでは, 4名の研究者が自身の研究を分かり易く解説し,単に安定した食料供給だけでなく,豊かで持続可能な社会の実現に不可欠な領域となってきている「農学」分野の広がり・深まり・今日性・緊急性を参加者の皆様と共有いたします。

プログラム

≪日 時≫ 平成29年11月11日(土) 14時30分〜16時30分(開場14:00)

≪場 所≫ パシフィコ横浜 会議センター503 (神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)

≪主 催≫ 東京農業大学
      
開会挨拶 14:30 東京農業大学 学長 睫遏々邯

各セッション 14:40〜16:00

 セッション1:「漢方生薬の国産化に向けて」
        御影 雅幸 東京農業大学農学部教授

 セッション2:「農作物を「育てる」から「育てて届ける」へ」
        馬場 正 東京農業大学農学部教授

 セッション3:「動物生殖学の研究がヒトの生殖医療に役立つ」
        岩田 尚孝 東京農業大学農学部教授

 セッション4:「カイコガの超高感度フェロモン検出系を利用した匂いセンサ昆虫の開発」
        櫻井 健志 東京大学先端科学技術センター特任講師

ポスターセッション 16:00〜16:30

※事前申込制、参加費無料(先着200名)

問い合わせ先:東京農業大学厚木キャンパス 学部長事務室
       TEL:046-270-6607
       MAIL:
 (受付時間 8:30〜17:00 土・日・祝日を除く)
申し込みURL:https://e-karte.site/nodai/Agri_symposium2017

 東京農大農学部では,平成30年4月に「生物資源開発学科」,「デザイン農学科」が新設され,既存の3学科体制から4学科体制になります。
 農学分野への高まる社会的なニーズに対応できる学科構成・カリキュラムを整備することで,豊かで持続可能な社会の実現に貢献していきます。


詳細は添付ファイルをご参照ください。

添付ファイル