「微細藻類(びさいそうるい)の輝かしき未来」 -- 東京農大「食と農」の博物館 特別展示開催

2017/04/28

東京農大「食と農」の博物館(世田谷区上用賀2-4-28、館長 江口文陽)では、特別展「微細藻類の輝かしき未来─健康・環境・エネルギー資源としての可能性に迫る─」を平成29年4月26日から8月6日まで開催します。

 微細藻類(目に見えない小さな藻)は、石油に代わるエネルギー資源として注目されるだけでなく、医薬品や化粧品、機能性食品として、医療・美容・健康の分野でその活用が見込まれています。さらに、土壌改良、塩害対策、河川や海洋への赤土の流出防止など、農業分野においても幅広い利用方法が開発されています。
 本展では、国内外での先端的研究によって得られた学術成果や応用製品などを、エネルギー・環境・生命・食といった側面からご紹介します。微細藻類の多様な可能性とミクロの世界を体感してください。

詳細は添付ファイルをご覧ください。

添付ファイル