平成28年度「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」を受賞しました。

2016/12/20

 東京情報大学は、県内の市町村と連携協定を締結し、地域の課題に教員や学生が一緒に取り組むことで、大学の教育理念である「現代実学主義」を実践してきました。
大学のすぐ前の四街道市吉岡地区の地域活性化にとりくむ団体Y・Y・NOWSON(ワイワイのうそん)と、地球・自然環境、ちば地域構想、企業・商品開発コースの研究室のメンバーが協働で、市民向けの里山観察会や公開講座を実施してきました。その活動が認められ、平成28年度の千葉県知事賞「ちばコラボ大賞」を受賞しました。表彰式は12月21日を予定です。
 この賞は、福祉や環境、子育て、まちづくりなどのさまざまな分野で、市民活動団体が地縁団体や社会福祉協議会、学校・大学、企業、行政機関等と連携して、地域の課題解決に取り組むことで、成果をあげている事例のうち、他のモデルとなるような優れた事例を知事表彰し、連携の重要性や効果を広く県民の皆さまに周知することにより、連携による地域づくりを促進することを目的としたものです。 https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/collabo/h28/hyoushoujirei.html

詳細は以下のURLからご参照ください。
http://www.tuis.ac.jp/topics/chibakorabotaisho/