山村再生プロジェクト 東京農業大学国際食料情報学部
トップページ 取組の概要 取り組みの背景 教育の内容 長和町データ(長野県) パンフレットデータ リンク 問合せ
取組の背景
取組目標 取組内容 教育方法・実施体制 社会的ニーズ 実施地域との関係
取組目標

取組の学生教育の目的と成果に関する具体的な目標

実習風景最近の日本農業や地域農業・経済が抱えている課題に鑑み、教育目標である「食料」、「環境」に関する課題の解決に向けた現状分析と問題解決手法の習得、「地域再生・活性化の担い手」育成等を実現するため、本プロジェクトは、第1に中山間地域の耕作放棄地や遊休荒廃地を活用して特産品である和紙原料を生産し、伝統文化の維持をはかり、それらを通じて日本社会の奥深さとサスティナビリティー(安定性)等を学生に理解させ、社会貢献の意識を醸成する。第2に耕作放棄地や遊休荒廃地を活用して自給率の低い作物を生産しそれを「地産地消」に供し自給率向上に努める。第3に森林資源の維持により地域社会の全体的環境保全をはかり、学生の環境保護に対する具体的取組を教育する。第4にかかる取組全体を通して学生の自己実現を実感させ、多様な自己表現のできる学生を育成する。第5にこの教育を通して地域再生、地域活性化に活躍できる人材の育成をはかる。

実習風景

これらの取組に学生が参画し、実行するという総合的な教育を行うことで、能力開発をはかる。学生は、第1に、地域と食料問題、環境問題、地域再生・活性化等に関する現状分析の手法を学習でき、第2に、それらの課題・問題の解決方法を学習できる。第3に、耕作放棄地の活用や伝統文化の維持のための教育から地域社会の総合的プランナーとしての手法を学習できる。このような学習の成果として「地域社会の分析能力」、「地域活性化の企画能力」、「地域活性化の実施能力」、「食料資源の活用能力」、「環境保護の担い手能力」、「グリーンツーリズムインストラクション能力」、「都市と農村の交流の担い手能力」等の能力を涵養できる。これらは、食料自給率向上や自然環境保全、地域再生・活性化等という全国的な課題の解決に応えるための重要な能力であり、その育成は本学の理念とカリキュラムの特徴の反映としてとらえられる。 実習風景

ページTOPへ戻る