分子生命化学科
About
Department of Chemistry
for Life Sciences and Agriculture

 

原子・分子から
生命・生態系を化学する

生物圏のあらゆる“生命”現象には、原子・分子が関わっています。この原子・分子の働きを化学的な視点で解明していくことで、これからの生命科学の可能性をより広めていくことをめざしています。
精密有機合成、天然物化学を中心に、高分子化学、分析化学を基盤とした教育・研究を通じて「医薬・農薬・動物薬」および「バイオプラスチック」の開発への道を拓きます。

 

伝統的科学としてのケミストリーの視点

化学は厳密な再現性・定量性及び論理性を有する物理学・数学等の伝統的科学の一分野です。19世紀の代表的な化学者であるリービッヒの最小律に示されるように、化学は農学・生命科学領域と密接な関係にあり、それから現在に至るまで農学・生命科学領域に本質的な貢献をしています。
現代は広範囲の多様性と激しい変化の時代です。化学分野の研究・教育も既存の構成に捕われず柔軟に時代に対応する事が求められています。

 

研究者を指向して大学院進学も視野に

本学科は伝統的な化学の視点を保持しながらも生命高分子、分子設計等新しい観点を導入し、時代の変化に捕われない普遍的な価値をもつ研究成果の発信と人材の育成を目指しています。
入学初年度には化学をはじめ、幅広い理系基礎教育科目を充実させて開講し、その後は無機化学、有機化学、分析化学などの中核となる化学系科目とともに高分子化学実験や天然物化学実験などの基盤となる実験を開講します。さらに生物学への化学の応用展開をはかる領域として、バイオプラスチックや医薬・農薬の開発に関連する科目も学べることが特徴です。
より高度な知識・技術の修得を目指し、大学院博士前期課程 (2年間)への進学も視野に入れれば、6年間を通じたカリキュラムとして、3年次までの前半を基礎・教養教育の課程、4年次と大学院2年間の後半を高度な専門教育の課程ととらえた教育体制も整えています。

 

有機化合物を対象とする研究・開発機関への道を拓く

1年次後期までに危険物取扱者免許(甲種)を取得するのに必要な科目群を履修できるように配置し、在学中の資格取得を奨励します。研究室に所属するのは3年次からですが、研究室では自然界からの物質の単離・構造決定、化学合成、生体機能解析、応用展開とあらゆる化学・生物学的な視点からバリエーションに富んだ研究を展開します。
卒業後は、確かな理系の基礎知識・技術を身に付けた人材として、材料・香料関連の化学系企業、製薬・農薬会社などの有機分子を対象とする幅広い企業への進出が期待されます。大学院へ進学する場合は、広い視野と応用力を身につけた「化学と生物の専門家」の育成をめざします。

 

資格取得について*

分子生命化学科では所定の科目を修得することで、以下の資格を取得できます

危険物取扱者(甲種)

2年次に受験資格が与えられ、試験に合格すれば取得できます(受験資格)

化学分析技能士(2級)

資格取得に必要な2年間の実務経験が免除されます(受験資格の優遇)

毒物劇物取扱責任者

関連職種に就職後申請できます(任用資格)

化粧品製造業責任技術者

関連職種に就職後申請できます(任用資格)

化粧品総括製造販売責任者

関連職種に就職後申請できます(任用資格)

医薬部外品製造業責任技術者

関連職種に就職後申請できます(任用資格、厚生労働大臣が指定する医薬部外品を製造する製造所を除く)

医薬部外品総括製造販売責任者

関連職種に就職後申請できます(任用資格)

教職課程の科目を修得することで、以下の教員免許を取得できます

高校一種

理科・農業

中学一種

理科

*内容は予定であり、変更する場合があります