▼ Word 2007-2003 ファイル互換について

Microsoft Office 2007 の Word では、新しいファイル形式が採用されました。

しかし、新ファイル形式と旧ファイル形式に互換性が無い為、Word 2003 以下の旧バージョンでは開くことができません。

(2007/9/26)

旧バージョン ファイル形式

Word 2007 ファイル形式

*.doc

(Word 97-2003 文書)

*.docx

(Word 2007 文書)

*.docm

(Word 2007 マクロ有効文書)

 ※従来のファイル名拡張子に "x" または "m" が付いた新しい拡張子で保存されます。

   "x" は、そのファイルにマクロが含まれていないことを意味し、"m" はそのファイルにマクロが含まれていることを意味します。

 

 

課題や提出物又は自習室等の Office 2007 以外のOfficeで、開くことが予想されるファイルを作成する場合は予め Word 97-2003 形式で保存し、

[互換モード] で編集を行ってください。

Word 97-2003 形式のファイル作成手順はこちらを参照してください。

 

[互換モード] 使用時は以下の点に注意してください。

 ・[互換モード] では、動作が異なる構成要素または使用できない構成要素があります。

  一覧はこちらを参照してください。

 

 ・作業終了後、ファイル保存の前に Word 2003 以前のバージョンで利用できないデータが含まれていないか互換チェックをしてください。

  互換チェック手順はこちらを参照してください。

 

 ・ファイル内に Excel 2007 又は PowerPoint 2007 で作成されたオブジェクトが埋め込まれている場合、このオブジェクトを Office 2003 以下の
  バージョンでは編集することができません。

  埋め込みオブジェクトは Office 97-2003 形式に変換してください。

  変換手順はこちらを参照してください。

 

 

Word 97-2003 形式ファイルの作成

@ [Microsoft Office] ボタンをクリックします。

A [名前を付けて保存] を選択します。

B [Word 97-2003 文書] をクリックします。

 

 

 

C [ファイルの種類] 欄が [Word 97-2003 文書(*.doc)] になっているのを確認し、[保存] ボタンをクリックします。

 

 

D タイトルバーに [互換モード] と表示されていることを確認します。



Office Word 2007 [互換モード]での動作の異なる構成要素

 

要素 動作

テキストボックス

絶対位置でのみ使用できます。

相対位置では使用できません。

テーマ

色、フォント、効果は使用できません。

コンテンツ コントロール

使用できません。

ただし、以前のバージョンのコントロールは使用できます。

SmartArt

限られた種類の図のみ使用できます。

数式

使用できません。

ただし、Word 2003 以前の旧バージョンで作成された数式は編集できます。




ファイル内パーツの互換性チェック

@ [Microsoft Office] ボタンをクリックします。

A [配布準備] をクリックします。

B [互換性チェックの実行] をクリックします。



C Word 2003 以前の旧バージョンでは表示できない機能を使っている場合、下記のように警告メッセージが表示されます。

  このまま保存すると、以前のバージョンで閲覧・編集できないデータに変換される場合がありますのでご注意ください。




埋め込みオブジェクトの変換

@ 埋め込みオブジェクトをマウスの右ボタンでクリックします。
A [スライド オブジェクト] をポイントし、[変換] をクリックします。


B [変換] ダイアログ ボックスで、[変換形式] を選択します。
C [オブジェクトの種類] ボックスの一覧で、 変換対象オブジェクトの [97-2003形式] を選択して、[OK] ボタンをクリックします。



オブジェクトの種類:97-2003形式一覧

アプリケーション名 オブジェクトの種類

Word

Microsoft Word 97-2003 文書

Excel

Microsoft Excel 97-2003 ワークシート

PowerPoint

Microsoft PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション

Microsoft PowerPoint 97-2003 スライド