東京農業大学

メニュー

充実した施設・設備が実学主義の証

バイオセラピーセンター

研究紹介

バイオセラピーセンターは、人と動植物との豊かなかかわりに関する教育・研究をおこなうことを目的に、2007年、農学部付置施設として厚木キャンパスに開設されました。主要施設として管理棟、犬舎、厩舎、洗馬棟、馬場、ドックラン、放飼場および駐車場が備えられています。現在、犬、馬、ウサギ、インコを飼養しており、農学部付置施設として実習・研究に利用されています。学内での学生教育や研究の活動だけでなく、近隣の小・中学校や支援の必要な児童から高齢者までの幅広い方を対象とする学外機関と連携した活動も行っています。現在、法面緑化も進めており、今後も人と動植物とのかかわりを実践する施設として一層の活用が期待されます。

ページの先頭へ